スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

つれづれイタリア~ノ<47>「フェラーリに乗ってはいけない」自転車界 ドーピングに揺れるアスタナのライセンス問題

  • 一覧

 2月27日、重大なニュースがサイクルロードレース界を駆け巡りました。カザフスタン籍のUCIワールドチーム、アスタナ プロチームがワールドツアーライセンスを失う可能性が出てきたのです。レースシーズンがすでに始まっているにも関わらず、国際自転車競技連合(UCI)のブライアン・クックソン会長はアスタナからのライセンス剥奪をライセンス委員会に求めました。アスタナは2014年のツール・ド・フランス王者、ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア)ら多くのイタリア人選手やスタッフが所属する強豪チームなので、イタリアのファンはこのニュースの行方を見守っています。

すでに2015年シーズンのレースに出場しているヴィンチェンツォ・ニバリ(中央)らアスタナ プロチームだが、ワールドツアーライセンスを剥奪される可能性がある(ティレーノ~アドリアティコ2015)<写真・砂田弓弦>すでに2015年シーズンのレースに出場しているヴィンチェンツォ・ニバリ(中央)らアスタナ プロチームだが、ワールドツアーライセンスを剥奪される可能性がある(ティレーノ~アドリアティコ2015)<写真・砂田弓弦>

「強くなりたい」という欲求を満たすドーピング

 薬物を使用するなど特殊な方法で、スポーツなどの競技における運動能力を向上させる「ドーピング」行為。その歴史は古く、古代ギリシャのオリンピックでも行われていました。まだルールで禁止されていなかったとはいえ、キノコやハーブ、呪文などでアスリートを興奮させて身体能力を高めるなど、どんなことでも試されました。

 面白いことに、おとぎ話の中にもドーピングを思わせる話がたくさんあります。例えば、魔法の飲み物を手に入れれば、透明人間になれる、全てのことを瞬時に暗記できる、空が飛べる、全ての女性を虜にできる、超人的な力を手に入れて悪の組織を一瞬で倒すことができる!…などなど。よく考えてみれば、誰よりも強くなりたいというのが人間の本性であり、そしてこの欲求を満たせるようにしたことは、科学の進歩だと言えるかもしれません。

 ただ、スポーツ界に、医学で用いられていた興奮剤、EPO(赤血球の産生を促進するホルモン)、成長ホルモンなどが流入してきたことは、大きな問題となりました。体内のホルモンバランスが崩れて性転換せざるを得なくなった選手や、死亡してしまった選手もいました。スポーツの公平性を保つため、そして人の命を脅かす危険に歯止めをかけるためにドーピングは禁止されています。それでも、自転車競技に限らず、多くのスポーツにおいてドーピング問題は蔓延しています。

疑惑がつきまとうヴィノクロフ氏

 今回、アスタナに疑惑の目が向けられたのは、2014年に所属選手のドーピング陽性反応が相次いで確認されたためです。

 自転車競技界で、トップカテゴリーで戦うためのライセンスを取得したり維持したりするためには、厳しい規定を守る必要があります。規定に違反すると、降格されられたり、ライセンスが停止されたりします。例えば今季だと、新城幸也が所属するチーム ヨーロッパカーが、資金不足を理由にワールドツアー登録が認められませんでした。

ドーピングの陽性反応で棄権させられたアレクサンドル・ヴィノクロフ(ツール・ド・フランス2007)<写真・砂田弓弦>ドーピングの陽性反応で棄権させられたアレクサンドル・ヴィノクロフ(ツール・ド・フランス2007)<写真・砂田弓弦>

 アスタナの場合は、チームが示したドーピングコントロールプログラムと、実際のチーム運営におけるドーピング防止の取り組みに大きな隔たりがあったことが、ライセンス剥奪を要求されるきっかけになりました。アスタナのゼネラルマネジャー(GM)であるアレクサンドル・ヴィノクロフ氏にも疑いの目が向けられています。

 2006年に「オペラシオン・プエルト」(港作戦)と呼ばれたスペイン警察の一斉捜査作戦によって、ヴィノクロフ氏が当時所属していたリバティセグロス・ヴュルトのドーピング容疑が暴かれ、その影響でチームからスポンサーが離れました。さらに2007年には、ツール・ド・フランス出場中にヴィノクロフ氏自身の血液ドーピング行為が発覚し、大会を追放され、チームからも解雇されました。その後、2年間のレース出場停止処分も受けました。

 このようにヴィノクロフ氏にはドーピング疑惑のイメージがつきまとっています。そして今度は、ドーピングの“仕掛け人”と目されるイタリアのスポーツドクター、ミケーレ・フェラーリ医師との関与も明らかになったのです。

選手たちにドーピングを指導したフェラーリ医師

 フェラーリ医師は1953年、イタリアのフェラーラ生まれ。血液研究で有名で、特に乳酸性閾値や無酸素性作業閾値に詳しく、自転車のみならず多くのスポーツ選手を育てた医師です。1984年にフランチェスコ・モゼール氏のアワーレコード更新に貢献し、その名声を高めました。ちなみに、フェラーリは珍しい名前ではなく、イタリアやスイスで一般的な苗字です。

アレクサンドル・ヴィノクロフ氏らにドーピングを指導したとされるミケーレ・フェラーリ医師<写真・砂田弓弦=1994年>アレクサンドル・ヴィノクロフ氏らにドーピングを指導したとされるミケーレ・フェラーリ医師<写真・砂田弓弦=1994年>

 1994年にゲヴィス・バッランのチームドクターになったことでビャルヌ・リース氏と出会い、彼を通して、ランス・アームストロング氏が所属していたUSポスタルサービスに加わりました。そこでEPO、ステロイド、血液ドーピングによる不正が発覚し、2002年にイタリアのスポーツ界から追放され、フェラーリ医師と関わりをもつ選手たちも罰せられました。さらに2012年には世界中のスポーツ界からも追放されています。

 フェラーリ医師は2008年に、サイクリングニュースというウェブサイトのインタビューで、「EPOはオレンジジュースのようなもの。過剰摂取しなければ、身体に害を与えない」という持論を語っています。

警察に突き止められた「フェラーリシステム」

 イタリアのパドヴァ県警が2010年から12年にかけて、フェラーリ医師の行動を観察し、所有車などに盗聴器を仕掛けました。多くの選手の携帯電話も盗聴の対象となりました(イタリアでは警察による盗聴は合法です)。その目的は、フェラーリ医師を頂点とするドーピングシステムを突き止めることでした。

 調査報告書は2014年12月にまとめられ、その分量は550ページに上っています。イタリアの複数のメディアが発信した情報によれば、報告書にはドーピング行為だけでなく、マネーロンダリングや脱税行為も盛んに行われたことが記載されていたそうです。

 フェラーリ医師はスポーツ選手に会うために、キャンピングカーを使用していました。目立たない上に、大量の血液や薬を運べます。イタリアに近いスイスのリゾート地、サンモリッツや、隣国のスロベニアで選手やその代理人に会っていました。

マキシム・イグリンスキー(左)はEPO使用が発覚した(ツール・ド・フランス2014)<写真・砂田弓弦>マキシム・イグリンスキー(左)はEPO使用が発覚した(ツール・ド・フランス2014)<写真・砂田弓弦>

 盗聴の結果によれば、ヴィノクロフ氏はフェラーリ医師の最も古い顧客の1人で、アスタナのGMになってからフェラーリ医師と契約を結び、チームの17選手が彼の指導と治療を受けたとされています。さらに、ドーピング物質の隠し場所も指示。2014年にマキシムとワレンティンのイグリンスキー兄弟(カザフスタン)のEPO使用が発覚した際には、フェラーリ医師の息子、ステファノ・フェラーリ氏も医師として関与していたそうです。一方、報告書にニバリの名前は含まれていないようです。

 パドヴァ県警の調査報告書には、ドーピングだけでなく通常の治療も含めてフェラーリ医師に関与があった選手として、下記の名前が挙げられています。

フェラーリ医師と関与があった選手

ジャンニ・ブーニョ(イタリア)
マリオ・チポッリーニ(イタリア)
トニー・ロミンゲル(スイス)
パヴェル・トンコフ(ロシア)
ランス・アームストロング(アメリカ)
アレクサンドル・ヴィノクロフ(カザフスタン)
デニス・メンショフ(ロシア)
カデル・エヴァンス(オーストラリア)
ヤロスラフ・ポポヴィッチ(ウクライナ、トレック ファクトリーレーシング)
マイケル・ロジャース(オーストラリア、ティンコフ・サクソ)
フィリッポ・ポッツァート(イタリア、ランプレ・メリダ)
ミケーレ・スカルポーニ(イタリア、アスタナ プロチーム)
ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、モビスター チーム)
 ※チーム名の記載がない選手はすでに引退

マネーロンダリングや脱税の疑惑も

 フェラーリ医師はマネーロンダリングや脱税行為を行うにあたって、次のようなシステムを提案し、選手だけでなく、チームマネジャーにも勧めたようです。

 各チームは、所属選手の肖像権を巡って、モナコ公国を拠点とする架空のスポーツマネジメント会社と契約を結びます。選手たちは給料の一部または全額がこの会社振り込まれるため、税金は非常に低く抑えられます。一方、この会社は5~6%の手数料を受け取り、残りの金額をスイスのルガーノ市にあるBSI銀行や第三国の金融機関に振り込みます。現金で渡す場合もあるようです。

ガゼッタデッロスポルトに掲載された2014年12月11日の記事。見出しは「ドーピング、フェッラリ医師、マネーロンダリングと脱税。3000万ユーロの裏ビジネス」ガゼッタデッロスポルトに掲載された2014年12月11日の記事。見出しは「ドーピング、フェラーリ医師、マネーロンダリングと脱税 3000万ユーロの裏ビジネス」

 結果的に、高額な所得税が発生せず、選手たちはその恩恵を受けます。こうした不正行為は、アスタナも行っているとされています。パドヴァ県警の報告書によれば、取引額は確認されただけでも3000万ユーロ(約39億円)以上にのぼっています。

 アスタナだけでなく、フェラーリ医師と関わりのあった他のチームや選手についても、将来が気になるところです。ただ、この問題について、ニバリはイタリア国営テレビのインタビューに対し「スポーツの問題でなく、政治的な問題だ」とコメントしています。

 不正行為を暴くのはとてもいいことですが、自転車競技だけを悪の組織のように見せつけることに、イタリアでは不満の声が上がっています。より多くの金銭が動くサッカーや、他のスポーツにも警察のメスを入れてほしいものです。

文 マルコ・ファヴァロ

マルコ・ファヴァロMarco FAVARO(マルコ・ファヴァロ)

イタリア語講師。イタリア外務省のサポートの下、イタリアの言語や文化を世界に普及するダンテ・アリギエーリ協会で、自転車にまつわるイタリア語講座「In Bici」(インビーチ)を担当する。サイクルジャージブランド「カペルミュール」のモデルや、Jスポーツへ「ジロ・デ・イタリア」の情報提供なども行なう。東京都在住。ブログ「チクリスタ・イン・ジャッポーネ

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

つれづれイタリア~ノ ドーピング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

ツールド・フランス2017

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載