スマートフォン版はこちら

サイクリスト

バイクインプレッション2015「PINARELLO MARVEL」 高い直進安定性と踏みきれる剛性が扱いやすいミッドレンジ

  • 一覧

 ヨーロッパを代表するイタリアンレーシングブランド、ピナレロ。トップレーサーたちがレースで使用するマシンから、長い距離を快適に走破するためのモデル、エントリーユーザー向けのロードバイクまで幅広く取り揃えられている。今回試乗したのは、レーシングモデルのミッドレンジ「マーベル」。最初の1台としても手が届く価格帯に抑えながら、上位モデル譲りの優れた性能が魅力のモデルだ。小柄な人向けにハンドル幅やクランク長に気配りが利いたEZ-Fitも用意されている。

PINARELLO MARVEL(ピナレロ マーベル)PINARELLO MARVEL(ピナレロ マーベル)

PINARELLO MARVEL(ピナレロ マーベル)
価格:399,000円(アルテグラ完成車、税抜)
   331,000円(105完成車、税抜)
サイズ:44SL、46.5SL、50、51.5、53、54、55、56、57.5、59.5 (C-C)
カラー:ブラックレッド、ブラックイエローフルオ、ホワイト、バイオレット(EZ-Fit)
問い合わせ先:ピナレロジャパン http://www.riogrande.co.jp/pinarello_opera/

スペック

フレーム:カーボン 30HM12K
フォーク:ONDA™ 2V ・カーボン 30HM12K
変速機:シマノ・アルテグラ(F)&(R)
ギヤ:シマノ・アルテグラ 52×36T、11-28T(11s)
ホイール:フルクラム・レーシングスポーツ
重量:8.10kg(53サイズ完成車実測値)

上位モデルのフレームデザインを受け継ぐマーベルの1"1/8-1"1/2テーパーヘッドチューブ。ワイヤーは内装式だ上位モデルのフレームデザインを受け継ぐマーベルの1"1/8-1"1/2テーパーヘッドチューブ。ワイヤーは内装式だ
ハンドルとステム、シートポストはピナレロがプロデュースするMostのパーツで統一されるハンドルとステム、シートポストはピナレロがプロデュースするMostのパーツで統一される
左右のチェーンステーは太さが異なる。上位モデル同様、応力に合わせたアシンメトリックデザインを採用している左右のチェーンステーは太さが異なる。上位モデル同様、応力に合わせたアシンメトリックデザインを採用している

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm

松尾 ピナレロはこれまで最高級モデルを始め、何台か試乗させてもらいましたが、レーシングモデルの特徴として剛性が高い分、跳ね返される反発も少なからず感じられます。しかし、今回試乗したマーベルはちょうど良い剛性感なのでしっかりと踏みきれて疲れにくいと思いました。

米山 特に今回はプリンスも一緒に試乗させてもらっていたから、特徴と違いを捉えやすかったかもしれないね。

松尾 そうですね、プリンスにはプリンスの良さがありましたが、バランスが良くて扱いやすい剛性感のバイクとしては、マーベルはオススメできるミッドレンジです。

米山 アルテグラ仕様と105仕様の、2つの完成車から選べるのもいいね。ピナレロはサイズも豊富だ。

松尾 加速はビギナーでも扱いやすい反面、最大パワーを掛けた時にはもう少し踏ん張って欲しいとも思いました。とはいえ、そこの物足りなさは時速40km以上からの加速の時なので、巡航時では十分ですね。

米山 どっしりとしていて、でも扱いやすい。たしかに加速は上位モデルが勝るけど、このクラスで比較するならば十分楽しめるよ。あと、ピナレロならではの安定感はマーベルでも変わらず良かったね。

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm

松尾 ええ。ハンドリングは下りで若干クイックでしたが、このブランドに共通する直進安定性の高さはやはり良かったですよね。

米山 うん。快適性はそれなりかな。

松尾 快適さを重要視してバイクを選ぶなら、グランフォンド系の「ロク」などを選べますからね。マーベルはダンシング時には脚の動きに合わせてリズムよくフロントホイールを動かせるのが良かったです。上りでは上位機種に比べて剛性がほどほどな分、疲れずダンシングできそうです。

米山 このクラスでもピナレロらしさはしっかりと味わえ、良い意味で全体を均等にスケールダウンしたようなイメージ。

松尾 この価格帯なら初めての1台にもターゲットに入る人もいると思いますが、うってつけのバイクだと思いますよ。ルックスもほぼ上位モデルと変わらないので、所有欲も満たしてくれるでしょう。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


関連記事

この記事のタグ

30~50万円のロードバイクピナレロ(PINARELLO)のロードバイク

30~50万円 バイクインプレッション ピナレロ ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載