スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

山下晃和の「ツーリングの達人」・アジア編<4>自転車旅に選ぶ“相棒”は「Traveler」 パーツから下着まで海外走破の装備を徹底紹介

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまで<1><2><3>とネパール、インド、バングラデシュ3カ国の旅をつづってきました。今回は、その旅の相棒、「REVOLVE(リボルヴ)」のセミオーダーツーリングバイク「Traveler(トラベラー)」と、持っていったアイテムについて書こうと思います。(山下晃和)

リボルヴ唯一のセミオーダーツーリングバイク「トラベラー」。海外自転車旅向けに考えられた、荒野を走れるキャンピング車リボルヴ唯一のセミオーダーツーリングバイク「トラベラー」。海外自転車旅向けに考えられた、荒野を走れるキャンピング車

2万km以上を共にした「Made in Japan」

 トラベラーは、「Made in Japan」を掲げる国内ブランドであるリボルヴがつくるバイクで、実は僕がプロデュースしています。今回の南アジア自転車旅以前にも、2011年に中南米11カ国を走破し、その後国内の各地を旅したので、もう2万km以上の付き合いになります。海外旅向けの自転車を選択するにあたっては、「GIANT(ジャイアント)」や「SURLY(サーリー)」が知られているほかに、MTBをカスタムしたり、ランドナー型をオーダーしたりすることになると思います。

軽量化のため日東のキャンピーというキャリアの外枠を外したジープロード仕様。伝統のランドナーバー、上からワイヤーが出るクラシックなブレーキレバー、変速もダブルレバー…にもかかわらずシートポストはトムソン、コンポーネントはXTと現存最新パーツと組み合わせています軽量化のため日東のキャンピーというキャリアの外枠を外したジープロード仕様。伝統のランドナーバー、上からワイヤーが出るクラシックなブレーキレバー、変速もダブルレバー…にもかかわらずシートポストはトムソン、コンポーネントはXTと現存最新パーツと組み合わせています

 トラベラーはセミオーダーシステムを採用していて、S~XLの4サイズだけを指定して、カラーリングやパーツを選ぶことができます。フレーム素材はクロモリ。軽量化しつつ必要な強度を確保するため、両端が厚い構造のダブルバテッドチューブを採用しています。

 トップチューブ形状は、ホリゾンタル(地面に水平)ではなく絶妙にスローピングさせることによって、後ろに荷物を満載にした際にも跨りやすくしています。またサドル下をクロスドシートステイにして、昔ながらのキャンピング車のルックスを演出するとともに強度を上げています。こうしたクラシカルな見た目にも関わらず、MTB並みのBBハイトを確保、すなわち地面に対してクランク軸を高くしてあります。そうすることによって、海外のような凸凹の未舗装路でもペダルやクランクが地面に付きにくく、容易に走れるようになっているのです。

MTBのクロスカントリー向けタイヤであるコズミックライト2。450gと非常に軽量で、転がり抵抗を考えられたノブのそれほど高すぎないタイプ。それでいて2.0という太さがあり、超重量級荷物を積んでいてもパンクしにくいのです。個人的にはブロックパターンが好きMTBのクロスカントリー向けタイヤであるコズミックライト2。450gと非常に軽量で、転がり抵抗を考えられたノブのそれほど高すぎないタイプ。それでいて2.0という太さがあり、超重量級荷物を積んでいてもパンクしにくいのです。個人的にはブロックパターンが好き
大きな釘を踏んでしまい、パンクしてしまったインドの田舎の民家にて。彼ら家族が助けてくれました。自転車を持っていてくれたり、バケツに水を入れてくれ、石鹸を持ってきてくれ、最後にお菓子とチャイをくれました。チャイ代を渡そうとしたら、要らないの一点張り。英語は一言も通じなかったのですが、心温まる瞬間でした。ダンニャバード!(ありがとう)大きな釘を踏んでしまい、パンクしてしまったインドの田舎の民家にて。彼ら家族が助けてくれました。自転車を持っていてくれたり、バケツに水を入れてくれ、石鹸を持ってきてくれ、最後にお菓子とチャイをくれました。チャイ代を渡そうとしたら、要らないの一点張り。英語は一言も通じなかったのですが、心温まる瞬間でした。ダンニャバード!(ありがとう)

“国内唯一”と呼べる海外自転車旅向けキャンピング車

 ホイールはMTBと同じ26インチを採用し。タイヤの太さは1.5インチ、1.75インチを選ぶことができ、最大2.1インチまで履けるようにしてあります。海外では26インチのタイヤやチューブが1番手に入りやすいからです。ギアは、シマノのMTBのコンポーネントである「Deore XT」を採用していますが、予算によって選べます。

 キャリアは色々な種類が選べるようダボ(ネジ受け)を数カ所に配置。充分なホイールベースを確保するため、フロントフォークを「J」の文字のようにできるだけ前に曲げ、リアキャリアにサイドバッグやパニアバッグを付けた場合のペダリング時に、かかとが当たらないようチェーンステーを465mmとかなり長く設計しました。

フロントバッグもフロントサイドバッグもオーストリッチのもの。14Lと大容量。フロントには一眼レフカメラ、地図、財布、ガイドブック、日記、筆記用具などを入れて、宿に着いたらこれを最初部屋まで持って行きます。その後、サイドバッグとパニアバッグを抱えて部屋に行くというスタイルフロントバッグもフロントサイドバッグもオーストリッチのもの。14Lと大容量。フロントには一眼レフカメラ、地図、財布、ガイドブック、日記、筆記用具などを入れて、宿に着いたらこれを最初部屋まで持って行きます。その後、サイドバッグとパニアバッグを抱えて部屋に行くというスタイル

 ステムは、こういったクラシックなランドナー型にはクイルタイプが合うのですが、強度を考えてアヘッドタイプにしてあります。輪行のしやすさを考慮したカンチブレーキ、ボトルもたくさん付けられるよう配した3つのケージ穴もポイントです。ダウンチューブのケージには、ガソリンで使えるシングルストーブ用のボトルを入れると便利です。

 ここまで海外自転車旅に焦点を絞ったキャンピング車は、国内にコレしかないでしょう。僕がこれまで海外で経験してきたことも、全てフィードバックさせています。紹介しきれないそのほかの特徴はリボルヴのウェブページでご確認ください。

 トラベラーは、時代に左右されることなく、長く乗ることができるようなデザイン。海外だけでなく、国内のキャンプツーリングにも、街乗りにも、ものを多く運ぶお買い物にもオススメです。

世界の自転車ツーリストが選ぶ革サドル

ラオスで出会ったドイツ人サイクリストは年季の入ったブルックスのサドルを使っていましたラオスで出会ったドイツ人サイクリストは年季の入ったブルックスのサドルを使っていました

 旅する自転車のパーツとしてオススメなのは、お尻の痛みを避けられる「BROOKS(ブルックス)」の革サドル。ルックス、耐久性、座り心地どれを取ってもキングオブサドル! 革は最初は固いのですが、野球のグローブのように、座れば座るほど柔らかく馴染んできて、お尻の形に変化していきます。3カ月ほど馴染ませると、長い時間座っていても痛くならなくなり、さらに3年くらい使っているとお尻の形になっていきます。

 世界標準と言ってもいいブルックスのサドルは、各地で出会う多くのサイクリストが使用していました。ラオスで出会ったドイツ人サイクリストが使い込んでいたものは凹みすぎていて、サドルといよりはむしろお尻でした。僕はチタン製レールのものを使っています。

 タイヤは今回、「KENDA(ケンダ)」の超軽量「KOZMIK LITEⅡ(コズミックライト2)」の26インチをチョイス。パンクしにくいように、2.00インチと太いものを使用しました。また、ネパールの未舗装路の山道でもグリップするようMTBクロスカントリー用のトレッドパターンにしました。

世界周遊サイクリストは10人中9人が装着していると思われるブルックスの革サドル。ルックス、耐久性、座り心地どれを取ってもキングオブサドル!世界周遊サイクリストは10人中9人が装着していると思われるブルックスの革サドル。ルックス、耐久性、座り心地どれを取ってもキングオブサドル!
現地調達できたケンダの26インチのチューブ。地球上で1番手に入れやすいのが26インチなのです。特に発展途上国では、700cや29インチのチューブは非常に困難。1カ月超3カ国以上旅する場合は26インチにしたほうがいいでしょう現地調達できたケンダの26インチのチューブ。地球上で1番手に入れやすいのが26インチなのです。特に発展途上国では、700cや29インチのチューブは非常に困難。1カ月超3カ国以上旅する場合は26インチにしたほうがいいでしょう
クラシカルにいくならスチールのトゥークリップにしたいところですが、調整が利くレジスタントのペダルストラップが1番。中米南米、南アジア1万km走破してもなお健在という耐久性クラシカルにいくならスチールのトゥークリップにしたいところですが、調整が利くレジスタントのペダルストラップが1番。中米南米、南アジア1万km走破してもなお健在という耐久性

 ペダルは「MKS(三ヶ島製作所)」の「シルバン ツーリング」。トゥークリップは靴を選ぶので、トレッキングシューズやトレランシューズなどの厚底系と、サンダルやスニーカーなど、どんな靴でも対応できるよう「RESISTANT(レジスタント」のペダルストラップにしてあります。非常に丈夫で、中南米から南アジアまで壊れることなく現在に至ります。

 メカトラに対処するための工具類とインフレーターは、「LEZYNE(レザイン)」を使っています。デザインが美しく、使いやすいからです。それ以外に、小さなモンキーレンチやタイラップ数本も持っていたほうが無難です。

レジスタントの工具バッグ。軍手、タイラップ、アーレンキー2つ。予備空気入れ、パンク修理キット、タイヤレバー3本、ペダルレンチ、スポークまわし、チェーンカッター、チェーンコネクター、予備スポークなどをまとめて入れていましたレジスタントの工具バッグ。軍手、タイラップ、アーレンキー2つ。予備空気入れ、パンク修理キット、タイヤレバー3本、ペダルレンチ、スポークまわし、チェーンカッター、チェーンコネクター、予備スポークなどをまとめて入れていました
フレームに付いている白い棒状のものがレザインのインフレーター。ルックスがいいだけでなく、空気が入れやすい。ボトルケージはミノウラ。下部のガソリンストーブ用のケージは「TOPEAK(トピーク)」のもの。水を多く積まないと死んでしまうため、ペルーの砂漠地帯では、パニアバッグにも含め2.5L~5Lを積んで走ったこともありますフレームに付いている白い棒状のものがレザインのインフレーター。ルックスがいいだけでなく、空気が入れやすい。ボトルケージはミノウラ。下部のガソリンストーブ用のケージは「TOPEAK(トピーク)」のもの。水を多く積まないと死んでしまうため、ペルーの砂漠地帯では、パニアバッグにも含め2.5L~5Lを積んで走ったこともあります

抗菌消臭機能付きウェアは自転車旅で大活躍

サイクリングジャージで海外旅すると、どうしても汗の臭いが気になっていたので敬遠していました。モンベルで海外サイクリングジャージデビューサイクリングジャージで海外旅すると、どうしても汗の臭いが気になっていたので敬遠していました。モンベルで海外サイクリングジャージデビュー

 ウェア類のオススメは、アウトドアブランド「モンベル」のゴアテックス素材を用いた超軽量レインウェア「トレントフライヤー ジャケット」。ゴアテックスの完全防水ながら、350mlペットボトル以下のサイズになる非常に軽量な製品は、ほかになかなかありません。旅サイクリストには絶大なる人気です。

 さらにモンベルの「WIC.サイクルジャージ」は、光触媒で抗菌消臭機能付き、速乾性も伸縮性も抜群で、海外旅にぴったりです。「プラズマ 1000ダウン ジャケット」は、軽量で保温性の高いダウンインナーです。

 帽子類は、撥水性や携帯性を考え「NEW ERA(ニューエラ)」の「OUTDOOR LINE(アウトドアライン」を2つ。ヘルメットは、抗菌消臭ストラップを装備した「KABUTO(カブト)」の「ステアー」です。

途中まで同行した友人の沖本真くんが着ているレインウェアもモンベルのトレントフライヤー。すっかり被ってしまいました。旅サイクリストには絶大なる人気です途中まで同行した友人の沖本真くんが着ているレインウェアもモンベルのトレントフライヤー。すっかり被ってしまいました。旅サイクリストには絶大なる人気です
首に付けているのが「BUFF(バフ)」のネックゲイター。日焼け防止にもなるほか、あまりにも誇りっぽいネパールの道ではマスク代わりにも。帽子はニューエラの携帯電話サイズ以下になるワークキャップ。軽撥水機能付きで登山にも便利です。お隣は同行者の沖本真くん首に付けているのが「BUFF(バフ)」のネックゲイター。日焼け防止にもなるほか、あまりにも誇りっぽいネパールの道ではマスク代わりにも。帽子はニューエラの携帯電話サイズ以下になるワークキャップ。軽撥水機能付きで登山にも便利です。お隣は同行者の沖本真くん

 ショートパンツは「ROKX(ロックス)」のクライミング系、「Club Ride(クラブライド)」のMTB系、「Berghaus(バーグハウス)」のトレッキング系パンツの3本をローテーション。下着は速乾性が高く、ペダリング時も抜群の伸縮性を誇る「BETONES(ビトーンズ)」を3枚持参しました。

 腕時計は、高度計と電子コンパスを装備した「SUUNTO(スント)」の「コア」。登山でも、サイクリングでも、街使いでも大人気なので、知らない人はいないかもしれません。以前、ベトナム山間部で道が分からなくなった時、とにかく「W」(西)を指す方を数km走ったら国道にリカバリーでき、無事にラオスに辿り着けたことがありました。その際はスントの時計を神のように崇めたものです。高度計を見ればどの辺の高さにいるかが分かり、ウェアリングの参考にもなります。

ジョムソン街道ジープロード4日間の厳選アイテム。左上からキーンの登山靴、グラナイトギアのバックパック、カブトのヘルメット、ドライマックスの靴下、モンベルのレインウェア、防水バッグ、ウールのインナー、行動食、地図、BUFFのネックゲイター、ジョムソンで買ったニット帽、クランプラーの化粧ポーチ、CW-Xのスパッツ、ニューエラのワークキャップ、カブトのグローブ、ニットーの手ぬぐいジョムソン街道ジープロード4日間の厳選アイテム。左上からキーンの登山靴、グラナイトギアのバックパック、カブトのヘルメット、ドライマックスの靴下、モンベルのレインウェア、防水バッグ、ウールのインナー、行動食、地図、BUFFのネックゲイター、ジョムソンで買ったニット帽、クランプラーの化粧ポーチ、CW-Xのスパッツ、ニューエラのワークキャップ、カブトのグローブ、ニットーの手ぬぐい

 サングラスは、頑強で視界が広い「ESS(イーエスエス」。防水バッグは登山用で軽量の「GRANITE GEAR(グラナイトギア)」。シューズは「KEEN(キーン)」のトレッキングシューズとサンダル。キーン製品の特徴はトゥープロテクターがあって、つま先をガードしてくれるところです。靴紐がわずらわしくならないように、挟んで結びます。また今回は、“持ち運べる洗濯機”こと「スクラバ」というウォッシュバッグが大活躍しました。

今回、初使用アイテムだったのがスクラバウォッシュバッグ。普通の防水バッグと思いきや、中につぶつぶの洗濯板のようなものが付いていて、水と洗剤を入れてモミモミすれば、汚れが落ちるという画期的なアイテム。長期取材や、出張にも役立っています。非常に軽量でコンパクトに折りたためます今回、初使用アイテムだったのがスクラバウォッシュバッグ。普通の防水バッグと思いきや、中につぶつぶの洗濯板のようなものが付いていて、水と洗剤を入れてモミモミすれば、汚れが落ちるという画期的なアイテム。長期取材や、出張にも役立っています。非常に軽量でコンパクトに折りたためます
部屋に着いて、まず洗濯。その後、街を観光しに出かけるというやり方が好きでした。ゲストハウスのファンが付いている場合は、まわしておけば次の日の朝には乾いています。これはバングラデシュのそこそこいいホテル。テレビが置いてありました。見ませんでしたけどね部屋に着いて、まず洗濯。その後、街を観光しに出かけるというやり方が好きでした。ゲストハウスのファンが付いている場合は、まわしておけば次の日の朝には乾いています。これはバングラデシュのそこそこいいホテル。テレビが置いてありました。見ませんでしたけどね

盗まれにくいパッキングの秘訣

オーストリッチの特大パニアは74L。旅の“家財道具一式”を積み込めるオーストリッチの特大パニアは74L。旅の“家財道具一式”を積み込める

 この家財道具一式を自転車に取り付けるためのフロントバッグ、サイドバッグ、パニアバッグなどは全て「オーストリッチ」でした。オーストリッチのバッグには、数多くの先輩旅人たちの意見がフィードバックされ、常に進化しています。世界130カ国を自転車で旅した中西大輔さんも同じバッグでした。

 特に、パニアバッグは左右合わせて74Lと超大容量。雨の時は、レインカバーをかぶせ、ウェア類や電子機器類をすべてグラナイトギアの防水バッグに入れたので、中身は濡れませんでした。

 パッキングの際は、右に立てかけるためフロントのサイドバッグの右側にはPCなどの高価なものを入れると盗まれにくいのがポイントです。左側はアクセスしやすいので、雨具、行動食を入れておきましょう。リアは大きくてかさばるウェア類やテント、シュラフ、マットなどの寝具類を。リアパニアでも前方の身体に近いほうに重いものを入れ、離れるほど軽いものを入れると自転車の重さに身体が振られません。

フロントバッグにはこのようにマップケースの中に地図を入れて走ります。グローブはカブトのMTB用グローブ。ハンドルにマウントしてあるのがサイクルコンピューター「e*meters」。バングラデシュの国道を走っていると、左手に、何やら乾かしているものが敷いてあり、避けて走りましたフロントバッグにはこのようにマップケースの中に地図を入れて走ります。グローブはカブトのMTB用グローブ。ハンドルにマウントしてあるのがサイクルコンピューター「e*meters」。バングラデシュの国道を走っていると、左手に、何やら乾かしているものが敷いてあり、避けて走りました
サイクルコンピューターはブリヂストンの「e*meters」。SNS機能付きで、PC上に距離やスピードを計算してくれるさきがけ的なアイテム。東南アジア、中米南米、今回の南アジアと海外自転車旅をすべて記録してくれていますが未だに壊れる気配なし。死ぬまでに30万kmくらいにしたいです(地球7周分)サイクルコンピューターはブリヂストンの「e*meters」。SNS機能付きで、PC上に距離やスピードを計算してくれるさきがけ的なアイテム。東南アジア、中米南米、今回の南アジアと海外自転車旅をすべて記録してくれていますが未だに壊れる気配なし。死ぬまでに30万kmくらいにしたいです(地球7周分)

 今回紹介してきたアイテムは、この旅に向けて買い足したものはスクラバくらい。あとは、自転車も含め日常的に使っているものです。海外という未知の文化圏に行く場合は、使い慣れているもののほうが、とてつもない安心に繋がるからです。なので、普段から旅に使えるアイテムかどうかを考えてものを買うようにしています。旅はそこから始まっているのです。

山下晃和山下晃和(やました・あきかず)

タイクーンモデルエージェンシー所属。雑誌、広告、WEB、CMなどのモデルをメインに、トラベルライターとしても活動する。「GARRRV」(実業之日本社)などで連載ページを持つ。日本アドベンチャーサイクリストクラブ(JACC)評議員でもあり、東南アジア8カ国、中南米11カ国を自転車で駆けた旅サイクリスト。その旅日記をもとにした著書『自転車ロングツーリング入門』(実業之日本社)がある。趣味は、登山、オートバイ、インドカレーの食べ歩き。ウェブサイトはwww.akikazoo.net

関連記事

この記事のタグ

ツーリング 山下晃和の「ツーリングの達人」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

わたしらしく自転車ライフ

スペシャル

SBAA動画

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載