スマートフォン版はこちら

サイクリスト

新製品情報革製サドル「リベット」が国内販売開始 過酷なロングライドを走るための“理想のサドル”

  • 一覧
革製サドル「リベット」が国内販売開始革製サドル「リベット」が国内販売開始

 アメリカの革製サドル、アクセサリーブランド「RiVET Cycle Works」(リベット・サイクル・ワークス)の日本国内での販売がスタートした。ラインナップは、幅や形状が異なる3タイプに、クロモリ、チタンの2種類のレール素材。さらに4色のカラーバリエーションがある。

 リベットは、革のしなりと中央のスロット(穴)による快適な乗り心地が特徴。革は快適性や耐久性を追求したベストバランスの厚みを持ち、薄い革のサドルで起こりがちな激しい揺れや極端な革の伸び、側部の反り返りといった問題をクリアした。カラーは撥水加工を施したブラック、ブラウン、ホワイトと未加工のナチュラルがそろう。

 ロードバイクにも似合うスマートなスタイリングながら、3タイプを展開し、ユーザーの乗り方や体格に合わせて選ぶことができる。最も細身の「ディアブロ」は幅150mmで座面トップはフラット。「インディペンデンス」は幅160mmで座面トップはラウンド形状、チタンレール採用時に360gと最軽量モデルだ。「パール」は幅170mmと座面が広く、トップは緩くカーブしている。

リベット「ディアブロ」(ブラック、クロモリレール)リベット「ディアブロ」(ブラック、クロモリレール)
リベット「インディペンデンス」(ブラウン、チタンレール)リベット「インディペンデンス」(ブラウン、チタンレール)
リベット「パール」(ホワイト、クロモリレール)リベット「パール」(ホワイト、クロモリレール)
リベット「インディペンデンス」(ナチュラル、チタンレール)リベット「インディペンデンス」(ナチュラル、チタンレール)
リベットサドルの裏側リベットサドルの裏側

 リベット・サイクル・ワークスは、創業者のデブラ・バンクスさんがブルベの最高峰「パリ・ブレスト・パリ」やアドベンチャーライドなど数多くの長距離ライドを自ら完走してきた経験から設立。ロングライドに適した“理想のサドル”を追求し、自社で設計・開発を行なっているという。なお、リベットを国内で販売するオンラインストア「シクロナチュラ」では、実際に使用して合わなかった場合でも、30日間は返品・返金(または交換)に対応している。


ディアブロ(The Diablo)
 座面サイズ: 幅130mm、全幅150mm、全長270mm
 カラー: (耐水加工色)ブラック/ブラウン/ホワイト、(非耐水色)ナチュラル
 重量・税抜価格: クロモリレール(560g)19,000円、チタンレール(420g)32,000円
 
インディペンデンス(The Independence)
 座面サイズ: 幅140mm、全幅160mm、全長270mm
 カラー: (耐水加工色)ブラック/ブラウン/ホワイト、(非耐水色)ナチュラル
 重量・税抜価格: クロモリレール(485g)25,000円、チタンレール(360g)36,000円
 
パール(The Pearl)
 座面サイズ: 幅150mm、全幅170mm、全長270mm
 カラー: (耐水加工色)ブラック/ブラウン/ホワイト、(非耐水色)ナチュラル
 重量・税抜価格: クロモリレール(600g)19,000円

関連記事

この記事のタグ

サドル|サイクルパーツ商品一覧

サイクルパーツ サドル 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載