スマートフォン版はこちら

サイクリスト

ツール・ド・熊野での活躍が目標新コンチネンタル「キナンサイクリングチーム」誕生 山本雅道がキャプテンで現役復帰

  • 一覧
「キナンサイクリングチーム」のキャプテンとして現役復帰する山本雅道(左)、移籍加入する伊丹健治(中)、野中竜馬(右)「キナンサイクリングチーム」のキャプテンとして現役復帰する山本雅道(左)、移籍加入する伊丹健治(中)、野中竜馬(右)

 2015年より新たにUCI(国際自転車競技連合)にコンチネンタルチームとして登録するロードレースチーム「KINAN Cycling Team」(キナンサイクリングチーム)が13日、チーム概要を発表した。メーンスポンサーは建設機械の総合レンタルおよび販売・修理の「キナン」(和歌山県新宮市)。バイクはヨネックスを使用する。

 同チームは2014年まで「キナンAACA」として活動しており、ロイック・デリアックがJプロツアー2勝、ジャパンカップ・オープンレース制覇など結果を残していた。来季はコンチネンタルチームにステップアップし、キナンがメーンスポンサーを務める国際レース「ツール・ド・熊野」での活躍を最大の目標とする。

 発表された所属選手は9人。キャプテンとして36歳のベテラン山本雅道が4シーズンぶりに現役復帰する。また伊丹健治(ブリヂストンアンカーより移籍)、野中竜馬(シマノレーシングより移籍)らトップチームで実績のある中堅選手が中心メンバーとして加入。水野恭兵(シエルヴォ奈良ミヤタ-メリダより移籍)、中西重智(JPスポーツテストチーム・マッサ・アンデックスより移籍)、阿曽圭佑(キナンAACA)ら東海地方のシリーズ戦「AACAカップ」で脚を磨いた若手選手も集めた。

2014年にキナンAACAチームで大活躍したロイック・デリアック2014年にキナンAACAチームで大活躍したロイック・デリアック
ジャパンカップ・オープンレースを制したデリアックジャパンカップ・オープンレースを制したデリアック
実績豊富なグレゴー・ガズボダ(左)とジャイ・クロフォード(右)が加入実績豊富なグレゴー・ガズボダ(左)とジャイ・クロフォード(右)が加入

 3人の外国人選手は、2014年シーズンに大活躍したロイック・デリアック(フランス)に加え、ドラパックから移籍する来日経験豊富なジャイ・クロフォード(オーストラリア)、そしてかつて2009年にEQA・梅丹本舗・グラファイトデザインに所属した経験のあるグレゴー・ガズボダ(スロベニア)が参加する。ガズボダは2011年にアジアツアー超級ステージレース「ツアー・オブ・チンハイレイク」で総合優勝した強豪だ。

 チームは三重県松阪市に寮を構え、若手日本人はここを拠点に年内から活動を開始する。ツール・ド・熊野をはじめとする国内UCIレースやJプロツアーに加え、海外で行なわれるアジアツアーでの活動も視野に入れるという。


KINAN Cycling Team(キナンサイクリングチーム)概要
選手:
 山本雅道(キャプテン)
 グレゴー・ガズボダ(スロベニア)
 ジャイ・クロフォード(オーストラリア)
 ロイック・デリアック(フランス)
 伊丹健治(ブリヂストンアンカーより移籍)
 野中竜馬(シマノレーシングより移籍)
 水野恭兵(シエルヴォ奈良ミヤタ-メリダより移籍)
 中西重智(JPスポーツテストチーム・マッサ・アンデックスより移籍)
 阿曽圭佑
 
ゼネラルマネージャー:加藤康則
監督:石田哲也
アドバイザー:鈴木新史
メーンスポンサー:(株)キナン
バイク:ヨネックス
ウエア:チャンピオンシステム
ホイール:リッチー
タイヤ:IRCタイヤ
補給食:アスリチューン

関連記事

この記事のタグ

AACAカップ JPT2015・チーム Jプロツアー Jプロツアー2015 キナン ヨネックス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載