スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

日向涼子のサイクリングTalk<10>「ただいま!」と感じられる大会へ 被災地の復興を共に考えた「ツール・ド・三陸」

  • 一覧

 「ただいま! 今年もよろしくね」

私のゼッケンにはメッセージのほかに、おなじみのイラストを描きました私のゼッケンにはメッセージのほかに、おなじみのイラストを描きました

 岩手県の三陸海岸で11月2日に開催された「第3回 ツール・ド・三陸 サイクリングチャレンジ2014 in りくぜんたかた・おおふなと」。そのゼッケンには、参加者が思い思いのメッセージを書き込むことになっています。私は今年、三陸の地を訪れた時に感じた「ただいま」という気持ちを書いて走りました。

 私は新潟生まれ・新潟育ちで、東北出身者ではありません。でも、このイベントには手作り感といいますか、他のイベントにはない独特のあたたかい雰囲気があって、回を重ねるごとに地元の方とのふれあいが深くなっていきます。私が第1回大会からホストライダーを務めていることもあって、自然に「ただいま」という言葉が浮かんだのだと思います。

いよいよスタートの時を迎えます「第3回 ツール・ド・三陸 サイクリングチャレンジ2014」、いよいよスタートの時を迎えます

参加者も、地元の声援も増えた第3回大会

 ツール・ド・三陸は、東日本大震災によって甚大な被害を被った東北地方・三陸エリアの復興と町づくりを、環境にやさしく健康的な自転車イベントの開催を通じて応援しながら、地域振興と広域観光の推進を継続的にサポートしていくことを目的とし、今年で3回目の開催を迎えました。

第1回大会(2012年)の様子。コースには再建中の未舗装の道路もあり、みんなで押して歩きました第1回大会(2012年)の様子。コースには再建中の未舗装の道路もあり、みんなで押して歩きました
第2回大会(2013年)の様子。市内の中心部にも、まだ木材がれきが積み上げられていました第2回大会(2013年)の様子。市内の中心部にも、まだ木材がれきが積み上げられていました
今年の第3回大会には、なんと1100人がエントリー。前日の雨で急きょ、変更となった開会式会場に、大勢の参加者が集まりました今年の第3回大会には、なんと1100人がエントリー。前日の雨で急きょ、変更となった開会式会場に、大勢の参加者が集まりました

 1年目は参加者400人の小規模なイベントとしてスタートし、その時は「年を追うごとに風化してしまうのではないか」と懸念していました。しかし2年目には倍以上の900人に。3年目の今年は、第1回を開催した時に「いつかは…」と目標にしていた1000人を超え、なんと1100人のエントリーがありました。

 今年の大会には昨年に引き続き、ツール・ド・フランスで3度の個人総合優勝を果たしたグレッグ・レモンさんが特別名誉ライダーとして出場し、さらにハンドバイクの元世界チャンピオンであるグレッグ・ホッケンスミスさんも参加してくださいました。

グレッグ・レモンさんと記念撮影!ツール・ド・フランスの英雄グレッグ・レモンさんと記念撮影!
ハンドバイクの元世界チャンピオンであるグレッグ・ホッケンスミスさんハンドバイクの元世界チャンピオンであるグレッグ・ホッケンスミスさん

 また、今年は陸前高田市の一大イベントである『産業まつり』と共催になったことから、自転車イベントとは関わりが薄い地元の人達もトークショーを聞きに来てくださいました。

陸前高田の復興応援ソング「奇跡の一本松」を演奏をする高田高校吹奏楽部の皆さん陸前高田の復興応援ソング「奇跡の一本松」を演奏をする高田高校吹奏楽部の皆さん
会場では、自転車イベントとは関わりが薄い地元の方々も熱心にトークショーを聞いてくださいました会場では、自転車イベントとは関わりが薄い地元の方々も熱心にトークショーを聞いてくださいました
「産業まつり」会場で行われた餅まきに、みんな大興奮!「産業まつり」会場で行われた餅まきに、みんな大興奮!

 実際に大会のコースを走っても、明らかに地元の声援が増えているのを感じました。

 ここまで読むと、地元から受け入れられ、大きく成長しているイベントだと感じるかもしれません。いえ、気のせいではなく、確実に成長しているのだと思います。

 ただ、予想以上の急成長に、私たちスタッフ側がついていけなかった点もありました。

過去2回の大会よりも沿道の応援が多く感じられました過去2回の大会よりも沿道の応援が多く感じられました
ヒルクライムレース会場でおなじみ「日本の悪魔オジサン」も参加ヒルクライムレース会場でおなじみ「日本の悪魔オジサン」も参加

ホストライダーの理想は“身近に話せる存在”

 例えば、会場となった中学校の仮設グラウンドは水はけが悪く、前日の雨でぬかるんだ状態のまま大会当日を迎えました。そのため急きょ、スタート地点が変更されたのですが、養生やアナウンスが足りなかったため、スタート時に多少の混乱があり、参加者の皆様にはご不便をおかけしてしまいました。

 1年目から参加している方は、「随分、イベントとして成長したね!」と言ってくださいますが、今年が初めての参加であったり、様々なイベントに出られている方には、気になる点も多かったことでしょう。それでも、どなたも優しく、「手作り感があっていいよね」と前置きしながら、改善すべきポイントを教えてくださいました。その中には、言葉は柔らかくても、耳が痛い意見もありましたが、それらもありがたいと思っています。

ツール・ド・三陸ではおなじみの「大漁旗」の前で記念撮影ツール・ド・三陸ではおなじみの「大漁旗」の前で記念撮影
ラグビーを通じて東北全体の復興支援活動を行っている「スクラム釜石」の皆さんが今年も参加。昨年はママチャリでしたが、今年はロードバイクになっていましたラグビーを通じて東北全体の復興支援活動を行っている「スクラム釜石」の皆さんが今年も参加。昨年はママチャリでしたが、今年はロードバイクになっていました
大好きなバナナを食べて、残り半分頑張ります!大好きなバナナを食べて、残り半分頑張ります!

 私はツール・ド・三陸のホストライダーとして、「こうありたいな」という理想像を持っています。

 それは、参加者と地元の方々をつなぐ身近な存在でありたいということ。どんどん話しかけたいし、話しかけられたい。その中で、感じたことを話してくれたら、すごく嬉しく思います。

大会実行委員長の吉田正紀さんと奥様の和子さん。和子さんは、陸前高田の住民たちが震災後に力を合わせて立ち上げたコミュニティカフェ「りくカフェ」の運営メンバー代表で、いつも笑顔で迎えてくださいます大会実行委員長の吉田正紀さんと奥様の和子さん。和子さんは、陸前高田の住民たちが震災後に力を合わせて立ち上げたコミュニティカフェ「りくカフェ」の運営メンバー代表で、いつも笑顔で迎えてくださいます
地元のりんご農家の方が「りくカフェ」へ販売に来ました地元のりんご農家の方が「りくカフェ」へ販売に来ました
地域の特産品にも出会える「りくカフェ」で、2種類のりんごを購入しました地域の特産品にも出会える「りくカフェ」で、2種類のりんごを購入しました

復興のあり方を考えさせられるイベント

 参加者からは「がれきの山だった数年前の景色も悲しかったけれど、今回は工業地のように感じました。それについて、日向さんはどのように感じますか?」と、復興について意見を求められたこともありました。

「奇跡の一本松」の前に建設された3kmにも及ぶ、まるで橋のように巨大なベルトコンベア「奇跡の一本松」の前に建設された3kmにも及ぶ、まるで橋のように巨大なベルトコンベア

 その言葉は、以前、『希望のかけはし』と書いた、「奇跡の一本松」の前に建設された巨大なベルトコンベアのことだろうと、すぐにピンときましたが、同時に、「答えにくいな」とも感じました。復興については、近しい人と意見を交わすことはあっても、初対面の人から聞かれたことはなかったからです。

 いきなりの質問にドギマギしながらも、おおよそ次のようにお答えしました。

 「未来を担う若者たちにとって、土台なくして何かを生み出すことは難しいと思います。課題を先送りすることは出来ませんし、新しいものを築き上げるために、私たち大人が若者のためにすべき必要なことのひとつだと私は考えます」

 一息ついて相手の様子を伺うと、肯定するでも否定するでもなく、「ふむ…」という反応でした。

 私の意見には賛否両論あるかもしれません。でも、さまざまな意見を喚起することは、このイベントの目的のひとつでもあります。被災地を走るツール・ド・三陸は、否が応でも復興について考えさせられるイベントなのです。

養殖いかだの数は、被災前の水準にほぼ戻ったそうです養殖いかだの数は、被災前の水準にほぼ戻ったそうです
「りくカフェ」は地元住民の集いの場。ランチ時は満席です「りくカフェ」は地元住民の集いの場。ランチ時は満席です

「年に1回、この地を訪れるきっかけがある」

 昨年の大会から参加しているタレントの山田玲奈さんは、「1年経つのはあっという間。でも、ツール・ド・三陸のおかげで、少なくとも年に1回はこの地を訪れるきっかけがある。風化させないという意味でも、復興の様子が分かるこのイベントはずっと続いて欲しい」と語りました。また、参加者からも同様の意見が聞かれました。

タレントの山田玲奈さんは、大会前日にラジオの生放送を終え、その足で駆けつけてくださいましたタレントの山田玲奈さんは、大会前日にラジオの生放送を終え、その足で駆けつけてくださいました
開会式であいさつする戸羽太・陸前高田市長開会式であいさつする戸羽太・陸前高田市長
開会式で笑顔を振りまく漫画家・イラストレーターの北条晶さん開会式で笑顔を振りまく漫画家・イラストレーターの北条晶さん

 地元の方からは、「1年目は訳のわからないイベントだなぁ…と怪訝に思っていたけれど、今年はいつやるんだ?って、開催のお知らせを楽しみにしていたよ」と、率直ながらもあたたかい言葉をかけていただきましたし、大会実行委員長の吉田正紀さんは、「過疎化している中で、サイクルジャージはカラフルな色をしているだろう? いろんな色が街を走るだけで、みんな明るい気持ちになれるんだよ」と、大会への想いを明かしてくださいました。

サイクリストの憧れ、グレッグ・レモンさんは記念撮影にも快く応じてくださいますサイクリストの憧れ、グレッグ・レモンさんは記念撮影にも快く応じてくださいます
ツール・ド・三陸の1年目から沿道に立って応援してくださっていた手作り傘の名物おばあちゃん。なんと、この日が誕生日で御年90歳!ツール・ド・三陸の1年目から沿道に立って応援してくださっていた手作り傘の名物おばあちゃん。なんと、この日が誕生日で御年90歳!

 もちろん、これら肯定的な意見がすべてではないと思います。コースを走っていると、いまだ仮設住宅で暮らす人達の姿があり、私たちが想像する以上に過酷な現実があるのだと感じます。

 それでも、大会を開催し続けていくことで、少しでも心寄り添えたら…。ツール・ド・三陸が、震災を忘れない・風化させないために地元と参加者がふれあう場となり、また、未来のために何が出来るかを共に考える場になってほしい―。

子どもたちに自転車の乗り方や楽しみを知ってもらうことも、大会の大切な役割です子どもたちに自転車の乗り方や楽しみを知ってもらうことも、大会の大切な役割です
第2エイドでは、おなじみの「めぐ海(み)焼き」が参加者をお出迎え第2エイドでは、おなじみの「めぐ海(み)焼き」が参加者をお出迎え
陸前高田で英語教師をして被災し、亡くなられたモンティ先生のお姉さん(左)も、昨年に引き続き参加してくださいました陸前高田で英語教師をして被災し、亡くなられたモンティ先生のお姉さん(左)も、昨年に引き続き参加してくださいました
グレッグ・ホッケンスミスさんの奥様はお子さんをバギーに乗せて健脚コースを完走グレッグ・ホッケンスミスさんの奥様はお子さんをバギーに乗せて健脚コースを完走
スポーツジャーナリストの別府始さん(左)も初参加。ロードレース界の英雄グレッグ・レモンさんは、別府さんがロードバイクを始めるきっかけになったひとりだとかスポーツジャーナリストの別府始さん(左)も初参加。ロードレース界の英雄グレッグ・レモンさんは、別府さんがロードバイクを始めるきっかけになったひとりだとか

 私が三陸の地に「ただいま」と感じたように、参加者の方々にも親しみを感じてもらえたらいいなと思いますし、また、地元の人達からは「おかえり」と迎えてもらえるようなイベントにしていけたらと考えています。 (日向涼子)

日向 涼子 日向 涼子(ひなた・りょうこ)

企業広告を中心に活動するモデル。食への関心が高く、アスリートフードマイスター・食生活アドバイザー・フードアナリストの資格を持つ。2010年よりロードバイクに親しみ、ヒルクライム大会やロードレース、サイクリングイベントへ多数出場。自転車雑誌「ファンライド」で『銀輪レディの素』を連載中。ブログ『自転車でシャンパンファイトへの道』( http://ameblo.jp/champagne-hinata/ )

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・三陸 日向涼子 日向涼子のサイクリングTalk

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載