スマートフォン版はこちら

サイクリスト

バイクインプレッション2014「KhodaaBloom FARNA PRO」 レース性能を追求、軽量・高剛性に狙いを定めたフラッグシップ

  • 一覧

 日本の新興スポーツバイクブランド、コーダーブルームが、2015年モデルも精力的に新機種を投入した。新しくハイエンドモデルとして登場したのはハイグレードカーボンを素材に採用した「FARNA PRO」。日本人の体格を考慮した3サイズ展開で、フレーム販売のほか、デュラエース仕様の完成車も用意され、軽量かつ高剛性なレースマシンとして注目されている。落ち着いたカラーリングだが、トップチューブとフロントフォークのグラデーションは細部へのこだわりが感じ取れる。

KhodaaBloom FARNA PRO(コーダーブルーム ファーナプロ)KhodaaBloom FARNA PRO(コーダーブルーム ファーナプロ)

KhodaaBloom FARNA PRO(コーダーブルーム ファーナプロ)
価格:290,000円(フレーム、税抜)
   800,000円(完成車、税抜)
サイズ:490㎜、520㎜、540㎜
カラー:マットブラック
問い合わせ先:ホダカ http://khodaa-bloom.com/

スペック

フレーム:T700+T800カーボン
フォーク:カーボン
変速機:シマノ・デュラエース(F)&(R)
ギヤ:シマノ・デュラエース 52×36T
ホイール: シマノ・WH-9000-C35-CL
重量:6.85㎏(完成車実測値)

トップチューブ同様に、2色のグラデーションで塗装されたカーボンフォークトップチューブ同様に、2色のグラデーションで塗装されたカーボンフォーク
よりレーシーな乗り方ができるよう、ハンドル位置を下げられるヘッドパーツを採用するよりレーシーな乗り方ができるよう、ハンドル位置を下げられるヘッドパーツを採用する
素材にT700、T800カーボンを採用し、高剛性と快適性を兼ね備えたフレーム。完成車には軽量性を求め、パーツアッセンブルも吟味されている素材にT700、T800カーボンを採用し、高剛性と快適性を兼ね備えたフレーム。完成車には軽量性を求め、パーツアッセンブルも吟味されている

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する

米山 コーダーブルームのロードバイクは昨年も乗ったけど、今回のニューモデルはよりレーシーに仕上がっていると聞いていた。7㎏を切る軽量さも魅力の一つだね。

松尾 全体の剛性は高く、誰でも扱いやすい安定感がありました。個人的にはバックがもう少し剛性が高いか、ヘッドの剛性を下げれればもう少し機敏に動けるかなと思いましたが、まとまり感と、見た目以上の存在感がフレームにあったので良かったと思います。

米山 剛性は芯の詰まったような硬い印象を受けた。踏み味はそれほど軽いという訳でもないけれど、運動性能は良さそう。あとは持った時の軽さがもっと加速や上りにもあっていいのかなと。

松尾 上りの軽快さはそんなに高くないですね。上り坂で軽快にすいすいと登るよりは平地でしっかりと踏み倒したい性格。下りの安定性は高めでハンドリングはニュートラルなので怖くないと思います。また、発進加速よりは速度が乗ってからの方が伸びるし力を使わずに走れました。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中

米山 上りのフィールはなかなか良いんだけどね。快適性は低速時ではゴツゴツしている。ある程度スピードに乗ってくるとさほど気にならなかった。でも、コンフォート系のバイクではないのは確かだ。

松尾 僕は全体のバランスが良いから快適性にも不満は感じませんでした。全体の重量も軽いので、まさにオールラウンダータイプ。恐らく全体的なしっかり感、まとまりはバックステーの左右非対称の剛性バランスが実現するのでしょう。軽量だからと言ってヒルクライム向きというよりは、上りだけでなく平坦も含まれたロードレースで脚を試してみたいと思うフレームでした。

米山 そうだね。この価格帯は強力なライバルが多いけど、一石を投じた国内ブランドとして今後も展開が楽しみだな。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


関連記事

この記事のタグ

20~30万円のロードバイク50万円以上のロードバイク

20~30万円 50万円~ コーダーブルーム バイクインプレッション フレームセット ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載