スマートフォン版はこちら

サイクリスト

7都府県、15カ所で開始ぐるぐる回る交差点「ラウンドアバウト」 通行ルールを定めた改正道交法が施行

2014/09/01 17:04更新

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
運用が始まった円形交差点「ラウンドアバウト」 =1日午前9時54分、堺市東区運用が始まった円形交差点「ラウンドアバウト」 =1日午前9時54分、堺市東区

 信号のない環状路を時計回りに通行する円形交差点「ラウンドアバウト」の運用が1日、全国7都府県の15カ所で始まった。対向車がないため重大事故が起きにくいとされ、停電の影響を受けず、災害時の交通整理も不要になるといったメリットがある。

 同日施行された改正道交法でラウンドアバウトの通行ルールが定められた。例えば右折の場合、一般的な交差点なら対向車を確認した上で、ハンドルを右に切る。これがラウンドアバウトの場合、環状路に進入して、時計回りに円を描くように、270度の位置まで運転する。

 円形交差点はもともと全国に約140カ所あり、一部がラウンドアバウトに指定された。大阪府内では堺市東区日置荘西町の円形交差点が唯一で、同日から通行を開始。この日午前、大阪府警の警察官が新ルールが適用されたことを示す新標識を設置し、ドライバーに周知していた。

ラウンドアバウトに設置される標識の表示ラウンドアバウトに設置される標識の表示
ラウンドアバウト内は時計回りに通行するラウンドアバウト内は時計回りに通行する

 国土交通省によると、ラウンドアバウトはイギリスで1990年ごろから普及し、ドイツなど欧州に広まった。米国でも90年代からフロリダ州など一部の州で導入され、事故が約8割減った、とのデータもあるという。

MSN産経ニュースwestより)

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

スペシャル

サイクルトーク

印象に残ったエイドステーションの食べ物を教えてください
 ウインドブレーカーを携帯し、サイクリングコースに栗が落ち始めたら秋のおとずれの合図。ライドの秋、そして「食欲の秋」の到来です。 そこで今回のサイクルトークでは…

続きを読む/投稿する

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載