スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

はらぺこサイクルキッチン<18>カナダの6日間ステージレース「シングルトラック6」で大会提供の“ミールプラン”を初体験

by 池田清子 / Sayako IKEDA
  • 一覧
「シングルトラック6」のミールプランには食後のスイーツも豊富でした。とってもおいしかった、りんごとオートミールのデザート「シングルトラック6」のミールプランには食後のスイーツも豊富でした。とってもおいしかった、りんごとオートミールのデザート

 カナダ、アルバータ州キャンモアからスタートし、毎日異なるコースを7月26日から6日間走るステージレース「Singletrack(シングルトラック)6」に、マウンテンバイクプロライダーである夫・池田祐樹が出場しました。私もサポーターとして同行してきましたが、レース中は滞在先が移動していくため、大会側が用意する“ミール(食事)プラン”を利用しました。そんな食事の様子や工夫した点、菜食を実践している選手を取材した模様をお伝えします。

内容も食べる場所も日々変わる“ミールプラン”

 今年初開催となるシングルトラック6への参加選手は、320人。そのうちのほとんどの選手が、ミールプランを利用していました。ミールプランでの食事の場所は移動先によって様々で、ホテルやテント、体育館などが会場となり、食事の内容も異なりました。

「シングルトラック6」でカナダの大自然を走る池田祐樹選手「シングルトラック6」でカナダの大自然を走る池田祐樹選手
優勝したKonaのクリス・スネダン選手(右)とチームメイトのバリー・ウィックス選手も食事をお楽しみ中優勝したKonaのクリス・スネダン選手(右)とチームメイトのバリー・ウィックス選手も食事をお楽しみ中

 いずれの場所でも共通していたのは「食事の時間は選手にとっても楽しみな時間」ということ。テーブルの席で一緒になった初対面の選手と友達になったり、仲間と芝生の上でリラックスしたり、一日を振り返りながらお互いを称え合ったり。談笑しながら過ごすことができる貴重なひとときでした。長い時間を共に過ごすステージレースの魅力が、私にもジワジワと伝わってきたほどです。

 食事の内容は、朝はパンやホットケーキ、シリアル、マフィン、ポテト、ソーセージ、スクランブルエッグ、果物など。夜は温かいものがいくつか用意され、チキン、ラザニア、茹で野菜、シーザーサラダ、豆系サラダ、マッシュポテトといったメニューが中心でした。

 嬉しいことに、ベジタリアン向けやグルテンフリー(GF)の別メニューも設けられていました。私たちもスタッフに尋ねて初めてチョイスがあることを知ることができたので、それを知らない選手がいたのは残念でした。

2日間滞在した街、レディウムでの食事は大自然の中の特設テント2日間滞在した街、レディウムでの食事は大自然の中の特設テント
ゴールデンの街では体育館に食事スペースが設置されていましたゴールデンの街では体育館に食事スペースが設置されていました

ベジタリアン・グルテンフリーメニューも常設

ベジタリアンミールをスタッフに取り分けてもらう祐樹さんベジタリアンミールをスタッフに取り分けてもらう祐樹さん

 例えば通常のラザニアは肉とチーズが入っていますが、テントの外にはベジタリアン向けに作られたものがストックしてあった上に、ベジタリアンの中でもチーズのあり・なしをチョイスすることができました。また、GFの生地で作ったもの、GF生地でベジタリアン、GFでチーズあり・なしなど、細かく分類されていました。さらにプラントベースダイエットを実践する私たちのために、全くメニューにはない野菜のトルティーヤサンドを作ってくれた日もありました。

いつでも笑顔の大会スタッフに、野菜のトルティーヤサンドを焼いてもらっているところいつでも笑顔の大会スタッフに、野菜のトルティーヤサンドを焼いてもらっているところ
トルティーヤサンドには持参のトッピングをかけるトルティーヤサンドには持参のトッピングをかける

 ただし、やはりそれだけでは普段食べている食事のようにバランスよく栄養素を満たすことが難しいという印象でした。あらかじめ購入しておいたたんぱく質が豊富なヘンプシードや、「飲む血液」と言われるビーツを丸ごと粉末にしたもの(カナダで入手)、菜食で不足しがちなビタミンB12が含まれているキヌアをそのままシリアルなどにかけて食べられる乾燥加工したもの、カナダで作ったオリジナルハマス(冷蔵保存出来る環境時のみ)などで補いました。

ビュッフェ形式の夕食で好きな物を好きなだけ取る選手たちビュッフェ形式の夕食で好きな物を好きなだけ取る選手たち

 これに加えて、植物のみで作られたビタミンと鉄分補給のドリンクを持参。「普段の食事ができない」というストレスはかなり軽減されたと思います。特にミールプランでの朝食は、動物性食品を控えている私たちにとっては、正直なところチョイスが少な目でしたので、これらを活用しました。

菜食カナダ人選手は完全優勝

「数年前から肉は食べていない」とジョナサン・ファース選手「数年前から肉は食べていない」とジョナサン・ファース選手

 ベジタリアンミールがコーナーとして設けられていた日もありました。パスタやキヌア、ブラウンライスのサラダが並んでいました。とてもおいしく、ベジタリアンの選手に限らず、多くの選手が好んで食べていました。

 そんな中、体つきは結構がっしりとしているものの、ベジタリアンミールコーナーに並んでいたジョナサン・ファース選手(カナダ、プラネットフードレーシング)に話を聞いてみることにしました。

 ファース選手は、「週に1、2回魚は摂取するが、数年前から肉は食べていない。妻と2人の息子ともに家族でベジタリアンだ」と言っていました。肉の代わりに、キヌアやケールをよく食べているそう。ベジタリアン生活をしていて体調はどうかという問いには、「フィーリンググッド!(いいかんじ)」との答え。そんなファース選手は、デュオカテゴリーで全ステージ1位という完全優勝を飾りました。

天候を考慮しながら補給を摂る

 夕食後には表彰式やその日のレースの模様をまとめたビデオ上映、スライドショー、翌日のレースコースの説明などとともに、医療担当者から天候に合わせた「補給物と取るタイミングのアドバイス」が伝えられる時間が設けられていました。

 シングルトラック6は、6日間を通してかなり天候がよく気温が上がったため、前日の判断で急遽エイドステーションを1カ所多く設けた日もありました。平均2時間半がファーストフィニッシャーのタイムでしたが、トップライダーも含めかなりの選手が止まって水分などを補給する姿も見られました。全ステージを無事に完走するためにも、補給は欠かせません。

夕食後の上映会はビデオやスライドショーで盛り上がる夕食後の上映会はビデオやスライドショーで盛り上がる
ポリスの先導で一斉スタート。全員がスタートラインを通過するまで2分弱かかりましたポリスの先導で一斉スタート。全員がスタートラインを通過するまで2分弱かかりました
フィニッシュ後に冷たいドリンクを真っ先に補給する選手たちフィニッシュ後に冷たいドリンクを真っ先に補給する選手たち
スタートの場所に並べられた水分と補給物スタートの場所に並べられた水分と補給物

 エイドステーションに設置されていたものは、水、スポーツドリンク、コーラといった飲み物、大会スポンサーでもあるハニースティンガーのワッフルやジェル、スイカやオレンジなどのフルーツ、ポテトチップス、ピーナッツバターサンドでした。ボランティアスタッフが暑さに真っ赤になりながら懸命にサンドウィッチ作りやフルーツをカットしている姿には感動しました。ドリンクやフルーツは氷でよく冷やされていて、選手たちはこの冷たさにずいぶん救われたとのこと。スタッフの配慮が感じられました。

 最終的に、完走率は約8割。ステージレースは総合タイムでの順位となるため、ワンデイレースとはまた違う精神力や体力が試されると感じました。日を重ねるごとにタイムが伸びていく選手、安定した走りの選手、少しずつ順位を落とす選手など様々で、日々順位が入れ替わる混戦となりました。祐樹さんの結果は総合5位で快挙と言えます。カナダはもちろん、世界から強豪が集まる中でコンディションをキープしながら力を出すことができ、手応えを感じました。

全6ステージを走り終え、完走者バックルとTシャツをもらい記念撮影全6ステージを走り終え、完走者バックルとTシャツをもらい記念撮影

◇         ◇

最後の1秒まで、全てを出し切った最終日のフィニッシュ最後の1秒まで、全てを出し切った最終日のフィニッシュ

 2015年のシングルトラック6はコース内容をすべて変える予定だそうで、祐樹さんもすでに参戦を検討しています。カナダの自然はカナディアン・ロッキーをはじめ、とにかく美しくダイナミックでした。そこを駆け抜ける選手の感動はまたひとしお。日本の皆さんにもおススメです。

 私にとっては初めての利用となったミールプランも、毎食楽しみでした。次はぜひボランティアスタッフとして! 再び訪れたいレースが、またひとつ増えました。

池田清子池田清子(いけだ・さやこ)

アスリートフード研究家。モデル事務所でのマネージャー経験を生かし2013年夏よりトピーク・エルゴンレーシングチームUSA所属ライダー、池田祐樹選手のマネージメントを開始、同秋結婚。平行して「アスリートフードマイスター」の資格を取得。アスリートのパフォーマンス向上や減量など、目的に合わせたメニューを日々研究している。ブログ「Sayako’s kitchen」にて情報配信中。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

MTB競技 グルメ ニュートリション はらぺこサイクルキッチン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載