スマートフォン版はこちら

サイクリスト

新製品情報リア11段変速のシマノ新105コンポ搭載 「アンカーRS8 EPSE」限定モデルを6月発売

  • 一覧

 ブリヂストンサイクルは、フルカーボンフレームの軽量ロードバイク「ANCHOR RS8 EPSE」に、シマノ新105(22段変速)を搭載した限定モデルを、全国の販売店を通じて6月上旬より順次発売する。価格は19万8000円(税別)。

ANCHOR RS8 EPSE(レーシングイエロー)ANCHOR RS8 EPSE(レーシングイエロー)

 この4月に発表されたシマノの新「105」コンポーネントは、上位グレードのデュラエース、アルテグラに続いてリア変速の11速化を果たした。クランクも4アームのニューデザインとなり軽量・高剛性化。STIレバーやブレーキキャリパーも着実に改良され、操作性や信頼性が向上した。トップグレードの性能を受け継ぎながら、価格はコンポ全体でも10万円未満に抑えられており、ロードバイクのリア11段変速も、一気に普及段階に入ったといえるだろう。

 アンカーRS8はレース性能をより身近にするモデルとして、2014年モデルより新たにラインナップに加わったニューモデル。レース用トップモデル「RIS9」の弟分として、その基本設計を継承しつつ、価格と性能をバランスさせたものになっている。UCIの認証を受けており、国際レースで使用することも可能だ。

ANCHOR RS8 EPSE レーシングレッド(写真は旧コンポを搭載したモデル。フレームは同じ)ANCHOR RS8 EPSE レーシングレッド(写真は旧コンポを搭載したモデル。フレームは同じ)

 安定したハンドリングを実現するテーパーヘッドチューブや、軽量性と剛性を両立するプレスフィットBB、深い前傾姿勢を取れるフレームスケルトンなどは兄貴分のRIS9譲り。新設計のフレーム形状により、高い剛性と耐久性を実現、また電動コンポにも対応している。

 「RS8 EPSE」は、オーダーシステム非対応ながら、実戦的なパーツ仕様で組み上げられ、完成車価格を抑えた限定モデルだ。カラーはレーシングレッドとレーシングイエローの2色展開となっている。


ANCHOR RS8 EPSE(アンカー アールエスエイト イーピーエスイー)
カラー: レーシングレッド、レーシングイエロー
サイズ: 460、490、520、550(適応身長158~188cm)
コンポ: シマノ105 2×11速
タイヤ: ブリヂストン エクステンザ RR2X 700x23C
完成車重量: 8.3kg(ペダルなし)
標準現金販売価格: 198,000円(税別)

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

アンカー ブリヂストンサイクル 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載