スマートフォン版はこちら

サイクリスト

組織ぐるみのスキャンダルに発展かランス・アームストロング氏がUCIのドーピング違反隠しを告白

  • 一覧

 ドーピング違反で国際自転車連合(UCI)から永久追放の処分を受けたランス・アームストロング氏(米国)が、初優勝した1999年のツール・ド・フランスでUCIが同氏の違反を隠していたことを明らかにした。18日付の英デーリー・メール紙のインタビューで語っている。

ランス・アームストロング氏(砂田弓弦撮影)ランス・アームストロング氏(砂田弓弦撮影)

 アームストロング氏によると、当時UCI会長だったオランダ人のハイン・フェルブルッゲン氏が、ドーピング違反を把握しながら、明るみに出て自転車界が大きな打撃を受けることを懸念して事実を隠した。フェルブルッゲン氏は2005年に会長を退いた。(AP)

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

ドーピング ランス・アームストロング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載